メニュー
共同利用機器



● 分野の概要


 近年,大学における教育・研究は多様化,学際化するとともに,これに使用する計測・分析機器も高額,大型かつ精密なものが必要となっています。このような状況下で,大型機器を単一の部局や学科で維持管理することは,機器の有効利用を妨げるのみならず,当該組織での教育・研究面で多くの支障をきた しています。そのため,部局の枠を越えて,大型機器の効率的な運用を図ると ともに,学内における共同利用・学術交流の拠点としてのセンターの設置が求 められてきました。
 また,自然科学・工学研究において,液体窒素等の寒剤は,様々な分野・用途で広く利用され,今や必須の研究条件の1つであり,これらを安定的に供給する体制の確立が求められてきました。
 このような背景に対処するために,大型機器の体系的で効率的な共同利用を図ることを主たる目的とし,同時に寒剤供給を担う低温部門を備えたセンター として,現在の「総合科学研究支援センター物質機能分析分野」の前身である「機器分析センター」の設置が構想されました。平成12年2月にはまず学内措置として「学内機器分析センター」が立ち上がり,平成13年4月に省令施設としての設置が認められ,「島根大学機器分析センター」として発足しました。
 さらに,島根大学・島根医科大学の統合に伴い,新生大学において生み出されるであろう,生命・環境・物質の研究を有機的・学際的に融合した新たな研究の推進・支援を目指して 島根大学の遺伝子実験施設及び機器分析センター,島根医科大学の動物実験施設及び実験実習機器センターが統合・再編し 平成15年度10月1日より「総合科学研究支援センター」としてスタートしました。「総合科学研究支援センター物質機能分析分野」は旧機器分析センターの機能を引き継ぎ,さらに発展させることによって,新らたな学際的な研究領域にも柔軟に対応できる研究支援を目指しています。




Materials Analysis Division, ICSR, Shimane University 2008