メニュー
共同利用機器
LiLif005
Infomation

  
ID45
装置名固体核磁気共鳴測定装置
型式日本電子 JNM-A400
所属生物資源科学部 生命工学科
装置概要本機器は、導入から10年以上経過した機器であるが、管理者によって機器は最高の状態に保たれている。
本機器は、原子核の核磁気共鳴(NMR)スペクトルを測定する目的のコンピュータ制御FT NMR分光光度計である。溶液の1次元1H NMRスペクトル(400MHz)による有機化合物の構造決定に用いられることが多いが、多重パルス法、2次元相関法などを組み合わせる事で、複雑な有機化合物や錯体の構造決定に極めて有用である。13C、15N、19Fなど、1H以外のNMRスペクトル測定も可能である。また、プローブを交換することにより、固体NMRスペクトル測定を行うことができる。利用に際しては、専用のNMRサンプルチューブを用意する必要がある。
Keyword

Documents

アクセス権限がありません.

Materials Analysis Division, ICSR, Shimane University 2008