メニュー
共同利用機器
LiEnv006
Infomation

  
ID35
装置名ICP発光分光分析装置
型式Thermo Elemental社  IRIS Advantage DUO ER/S
所属生物資源科学部 生態環境工学
装置概要誘導結合プラズマ(inductively coupled plasma : ICP)に霧状にした溶液試料を送り込むと、原子が励起されて原子スペクトル線を発光する。この光を分析することにより溶液試料中に含有される元素量を定量することができる。
 本分析装置は、多種類の元素が幅広い濃度範囲で存在するような試料、例えば鉄鋼、非鉄金属、半導体、環境試料、生体物質、食品などの多元素同時分析に適用できる。
 本装置はCID検出器を使用しているため、ピークスペクトルとバックグラウンドの強度を同時に測定できる。このため、各素子の強度データが保存でき、プロファイルの確認やバックグラウンド位置を変更しての再計算が可能である。
 一部元素に関しては、水素化物発生装置の使用により、極低濃度まで測定が可能である。
Keyword

Documents

アクセス権限がありません.

Materials Analysis Division, ICSR, Shimane University 2008