メニュー
共同利用機器
SeGeo010 file manager
Infomation

  
ID26
装置名ガスクロマトグラフ質量分析計
型式島津製作所 GC/MS QP2010C
所属総合理工学部 地球科学科
装置概要 本装置は、有機化合物の定性・定量を目的とした、ガスクロマトグラフと質量分析装置を結合した装置である。
ガスクロマトグラフで分離した単一成分について質量分析を行うことにより成分の定量できる。
特徴
高輝度イオン源,ローノイズ検出器ユニット,大容量デュアルターボ排気系(220L/sec+65L/sec差動)により,クラス最高の感度。
ナローボアを用いたFast-GC/MSや,ワイドボアカラム直結による全量注入まで1台で対応可能。
従来の電子イオン化(EI)法に加え、化学イオン化(CI)法にも対応しており「分子量」に関する情報を容易に得ることができるため,正確な定性が可能。
Keyword

Documents


Materials Analysis Division, ICSR, Shimane University 2008